近所の野良猫

こんにちは。

Animals Life Savesのkentoです。

近所によくいる野良猫なのですが、いつも自分のもののように、道路を占拠しています。

場所的に数メートル先が階段なので、車はこないですし、かなりの裏道なので、安全なのですが、いつもまったりと日向ぼっこしています。

こういった野良猫のまったりとしたところはなかなか見られないので、とても新鮮です。

横を通っても我関せずで、逃げ出さないんです。

こんな風に野良猫たちがまったりとできる世界を作っていきたいと思います。

Animals Life Saves

kento

動物愛護団体の苦悩

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

動物愛護団体では、自治体からの引き取り依頼を断れないのを分かっていて助けて欲しいとお願いされることが少なからずあるようです。

保健所や自治体から依頼されて引き取れる数を越えて無理をして抱え込みざるを得ないのは動物達にとっても愛護団体にとってもウィンウィンの関係では無いと思います。

簡単な問題ではありませんがお互いにとってより良き関係を保てるように国も環境を整備する必要があると強く感じました。

国のバックアップありきの全国での殺処分ゼロが成立するのではないかと感じました。

Animals Life Saves

Kazunori


富士の山

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

澄んだ空気の午前中に世界遺産の『富士山』が見えました!

頂上は雪が積もり、絵に描いたような美しい富士山でした。

日本が誇る世界遺産の1つ『富士山』!

この美しい富士山を見れたことに感謝!

そして、いつまでも素晴らしい富士山を見ることができるように、今の自分たちに何ができるのかを考えて活動していきたいと思います。

富士山パワーで明日も頑張ります!

Animals Life Saves
tsuyoshi

一生懸命

こんにちは。

Animals Life Savesの小川です。

ふと道を歩いていたら

アスファルトから草が生えていました。

よく見る光景ですよね。

その時、ふと思ったんです。

一生懸命生きているんだなぁ…と。

こんなに硬い地面を突き破って成長をしていく生命力は本当にすごいと思います。

懸命に伸びようと思ってないと出来ないことなんじゃないのかと。

これは1つの植物の話ですが

動物達もそうだと思います。

「今」を一生懸命生きているのだと思います。

私達が動植物に対して心を動かされるのは

そういったことも理由の1つにあるのではないでしょうか。

見習うことがたくさんあるのだなと感じます。

私達は、何気なく1日を過ごしていくことが多いのかもしれません。

1日寝て過ごしちゃった

とか

ぼーっとしてたら時間が経ってた

とか

以前、そんな過ごし方をしていたこともありました(笑)

でも「今」を懸命に生きる植物や動物達は

なんとなく…とは過ごしていないと思うんです。

毎日の生活の中で

瞬間瞬間を大切にして

一生懸命に1日を過ごしていきたいです。

化石は歴史を語る

こんにちは!

Animals Life Savesのrovinです。

皆さん、化石ってどう出来るか知っていますか?

一般的に太古の生物の遺骸が砂や泥に埋もれて、何百年、何千年、何万年と地層の中に入って出来るんです。

凄いと思いませんか?

それだけの月日をかけて地球の歴史を歩んでいるわけですよね。

地球の自然や歴史を語る上で化石はなくてはならない大切な遺産だと思いました。

古きを知ることにより良い未来を想像出来るんじゃないかと思った1日でした。

Animals Life Saves

rovin

寄付しました

九州のアニマルライフセーバーへ寄付しました。

名前が似ており、こちらの団体様と間違われる方もいらっしゃるようで

問い合わせが九州のアニマルライフセーバー様へ行ってしまう事があるそうです。

私たちはアニマルズライフセーブスですので

皆さまどうぞお間違えの無いようにお願い致します。

九州のアニマルライフセーバー様は犬の保護活動をされております。

保護犬達の為に使ってください。

応援しております。

ペットショップ

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

日本でも生後8週間以外の仔犬、仔猫の販売の禁止の法整備へ向けての話し合いが始まっているそうです。

欧米では既に生後8週間以外の仔犬、仔猫の販売は禁止されています。

日本は動物愛護に関する法律が非常に遅れています。

動物に対する意識の低さが、法整備への遅れの原因だと思います。

日本では普通になっていますが、欧米では店頭で仔犬、仔猫を売っているペットショップはほとんどありません。

ブリーダーかシェルターからが一般的です。

日本ではまだまだペットショップが一般的で、シェルターから引き取るという発想がない人がほとんどだと思います。

捨て犬、捨て猫が減らないのはペットショップにも原因があると思います。

大量に仔犬、仔猫を産ませ、ペットブームと煽り、責任感のない人にまで売り付ける。

ペットを飼う事は悪い事では無いと思います。

ペットと一緒に生きていく事で幸せになれると思います。

しかしそれをビジネスとして見すぎている事が問題です。

ペットは人間のパートナーであり、商品ではありません。

我々と一緒に生きていく命です。

そこを忘れてはいけないと思います。

Animals Life Saves

ryushin

奇跡の時間

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

先日のこんなプレゼントを頂きました。

「夕方の美しい富士山」です。

思わず足を止めて見てしまいました。

このプレゼントは誰かが作ったわけではありません。昔からたくさんの人に守られてきたからこそ起こる奇跡の時間です。

世界遺産の富士山に限らず、みんなの力で身近な自然を少しでも多く残していきましょー!

Animals Life Saves
tsuyoshi

はやぶさ!

こんにちは!

Animals Life Savesのkentoです!

今日ははやぶさについて!

先日、リュウグウという小惑星に到達しました!

歴史的快挙ですよね!

この宇宙の話が何故私達と関係あるかと言うと、少しSFチックな話ですが、将来地球に住めなくなるかも知れません。

これは冗談ではなく、そういった未来も0ではないと思います。

私達が生きている間には無いと思うのですが、地球に住めなくなるのは大問題です!

そうならないためにも今環境を守っていく必要があります。

地球外に住む事はロマンがあり、夢のある話だと思いますが、地球を蔑ろにしていい話では無いと思います!

今ある地球をより良いものにしていきたいと思います!

Animals Life Saves

kento

絶壁

こんにちは!

Animals Life Savesのhikaruです。

先日、千葉の鋸山に行ってきました(^^)

房総半島の南にある鋸山は、古くから良質な石が取れるため昭和まで長い間、採石が行われていたそうです。

石を切った跡がノコギリの刃のように見えるため鋸山と呼ばれています。