カリフォルニア州

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

アメリカ カリフォルニア州の取り組みについて紹介します。

2019年1月からペットショップで販売していいのは、保護された犬や猫だけという法律です。

販売を目的とした繁殖された、犬・猫・うさぎなどを扱う事を禁ずる法です。

違反をすれば、罰金が課せられます。

日本では、まだこの様な法律はなく、動物に関する行政の取り組みに遅れを取っています。

日本でも、法の整備がどんどん進んで欲しいと思います。

Animals Life Saves

上野

巨大な類人猿

今日は。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回は絶滅した類人猿の紹介です。

絶滅した類人猿ギガントピテクスは身長3m、体重500kgだったそうです。

当時果実を食べていたが、新しい環境になり食糧源が根、葉、草に適応出来なかったそうです。

生き延びるための適応力がとても重要なことを改めて感じさせます。

絶滅の危機に例え瀕しても生き抜ける適応力を日々身につけていきたいものです。

Animals Life Saves

Kazunori

アメリカンショートヘア

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

アメリカンショートヘア(=^ェ^=)

猫好きにはお馴染みのお猫様です♪

名前の通り、アメリカ出身の短毛タイプ。
本当に名前の通り(ФωФ)

アメリカ仕込みの陽気でフレンドリーな性格で、他の猫や犬などのペットたちに対しても積極的にコミュニケーションを取っていきます♪

オープンなお猫様なんです♪

もちろん人に対しても愛情表現が全開で、全力で甘えてきますよ(ФωФ)☆

スタイリッシュな風貌とおおらかな性格から、ここ数年は猫好きの間でも上位ランクに食い込む程の人気を誇ります。

ズバリ!飼いやすさは猫の中でもピカイチです!

スタイリッシュな風貌と申し上げましたが、シルバーやブラウンの縞模様が定番です。
それでいて体毛は短毛でびっちり生えており、防寒対策もバッチリなんです♪

運動も大好きで、ボール遊びは大好物なんです♪
投げてはキャッチして戻ってきます(=゚ω゚=)

実はこれ、ネズミ狩りのワーキングキャットの血筋のため本能的に動くものを追いかける習性があるんです!

それを活かしたのがボール遊びで、テンション高く遊び続けます。
運動不足解消だけではなく、コミュニケーションを取ることにもなっているんですよ♪

言葉は分からなくても、遊びを通じてアメリカンショートヘアと意思を取り合うことができるんです!

構って欲しいとすり寄って来たらチャンスです!

いっぱい遊んであげてくださいね♪

甘えん坊で、どこか憎めないお猫様!
アメリカンショートヘアをよろしくお願いします!

Animals Life Saves
michi

タコ

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

タコが起こした大事件です。

ニュージーランド の水族館で飼育されていた、タコが水槽を抜け出し自力で海に戻ってしまいました。

タコは頭が良く、ビンの蓋の開け方を怯えたり、ちょっとした隙間から抜け出したりしますが、まさかここまでとは!

タコの凄さを感じられるニュースですね!

海で楽しく生活して欲しいですね^_^

Animals Life Saves

上野

宇宙で野菜

こんにちは。

Animals Life Savesのkentoです。

宇宙開発は様々な観点から進められています。

ロケットの開発だけではなく、人間が宇宙に移り住まなければならなくなった時のための研究も進められています。

その中の1つが野菜栽培です。

ドイツの所有する南極基地で、キュウリが育てられています。

この南極基地が地球上で最も宇宙に近い場所らしく、吹き荒ぶ吹雪のなかで、温室を作り、キュウリが育っています。

このキュウリは南極基地で研究する人たちに食べられているそうです。

南極基地や宇宙ステーションで過ごす人たちは生野菜が恋しいらしく、大人気らしいです。

Animals Life Saves

kento

新たな可能性

こんにちは。

Animals Life Savesのkentoです。

発達した嗅覚により様々な事柄で、人間たちのパートナーとなってきた犬ですが、新たにてんかんの匂いを嗅ぎわけることが研究により判明しました。

https://lin.ee/i8VkIgt?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none

てんかんは脳の慢性疾患で、異常な脳波が突発的に発生し、痙攣や身体硬直、意識消失、感覚消失などが起こる病気です。

この病気は本当に突発的で、前触れがなく、急に起こります。

今までは対処法がなかったのですが、このてんかんの匂いを嗅ぎわけることができれば、対処が可能になります。

しかしながら、このてんかんの匂いを判別するだけでは意味がなく、大変な訓練が必要になります。

研究者たちは訓練だけではなく、飼い主との信頼関係も重要であるとしています。

今までなすすべがなかったてんかん発作に新たな一歩になればいいと思います。

Animals Life Saves

kento

首輪

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

大切な犬に首輪をつける方も多いと思います。

リードを伸ばせるようなものや様々な素材の首輪が販売されています。

そんななか、犬の遠吠え防止の首輪があるのをご存知でしょうか。

この首輪を着けると、犬が吠えにくくなるというものです。

一見便利に思えるこの首輪は、よく吠える事に困っている人にとってはもってこいだと思います。

しかし、この首輪には装置が取り付けられていて、犬が吠えた時の振動や吠えた声を感知すると電気が流れる仕組みになっています。

電気が流れると犬には当然ながら痛みが走ります。

この痛みを覚えさせることで吠えないようにするというものです。

メーカー側は安全性を考慮して微弱な電気が流れるようにしているようですが、犬にとっては拷問器具に等しいと思います。

微弱な電気は痛みが少ないとはいえ、犬にとっては相当なストレスになることは言うまでもありません。

事実、ヨーロッパではこうした首輪は危険だとされ危険視されています。

オランダの研究ではこの首輪をつけた犬は、他の犬よりも激しいストレスを感じやすくなり飼主とは電気ショックを利用することでしか関係が成り立たなくなったデータが出ています。

また、首輪が原因となり精神的に不安定になってしまった、ストレスにより脱毛や神経が過敏になってしまったケースもあります。

世界でも有数の愛犬大国とされるドイツでは既にこの首輪の禁止令が出ており、実際に逮捕者も出ています。

夜中に吠えてしまったり、たくさん吠えてしまったりと犬の吠えに悩んでいる方も多いと思います。

しかし、こうした首輪で強制的に黙らせるようなことはあってはならないことです。

犬と人間がパートナーとして長く良い関係を築いていくためにも、無駄吠え防止の首輪が日本でも禁止になるように願います。


秋田県の取り組み

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

2019年4月1日に秋田県で動物愛護センター「ワンニャンピアあきた」が設立されました。

医療施設や犬猫がのびのびと過ごせるようなスペースが設けられた このセンターは、保健所で保護されたものの引き取り手が見つからずにいる犬猫の殺処分減少を目的として誕生しました。

県は動物と飼主をつなぐ新たな拠点となるように期待を寄せているそうです。

施設内には犬猫用のレントゲン室や手術室などがあり万が一の時にもすぐに対応できるのと、新たな飼主が安心して引き取れるように犬猫たちの健康面をケアできるようになっています。

こうした施設ができる背景として、秋田県の犬猫殺処分が増えていることが挙げられます。

実は秋田は飼主が見当たらない犬猫の殺処分数が問題となっており、2018年度には373匹の犬猫が殺処分の犠牲となってしまいました。

犬は37匹、猫は336匹です。

同じく2018年度に飼主へ譲渡された犬猫は犬52匹と猫123匹、合計175匹です。

秋田県では譲渡されるよりも殺処分された犬猫の方が数を上回ってしまっています。

このワンニャンピアあきたは2019年の6月1日から一般開放されますが、一匹でも多くの犬猫が保護され、もう殺処分が行われないように更なる対策を県が行うようになってほしいです。

また、秋田県だけでなく全ての街で こうした対策が広がっていかなければなりません。

写真転用(秋田県公式サイト「美の国あきたネット」より)

https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/41009

バイカルアザラシ

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

バイカルアザラシを皆さんはご存知ですか?

アザラシというと海に生息していると思ってしまいますが、バイカルアザラシは違います。

ロシア シベリア地方にある世界で最も深い湖に生息しています。

なぜ、バイカル湖に生息しているのかなど謎に包まれています。

ちなみに、世界で最も体が小さいアザラシです!

最近、130頭程の死骸が見つかったそうです。

何が原因かは、不明の様ですが、人間が絡んでいるのかなとつい思ってしまいます。

自然の影響かも知れませんし、はっきりしたことはわからないですが、この様なニュースを目にするのは悲しい気持ちになります。

Animals Life Saves

上野

海の中の滝

こんにちは!

Animals Life Savesのrovinです。

今日は皆さんに自然が生んだ美しい自然現象を紹介します。

海の中の滝です。どーゆー事って思ったでしょ。こーゆー事。

凄いでしょ。神秘的ですよね。

こちらはマダガスカルの近くにあるモーリシャス島っていう島の自然現象です。全てをのみ込んでしまいそうですよね。

なんでこんな現象が起きるかっていうと光の屈折によって様々な色に水が変化する事で自然現象が起こっているんです。

砂よりも小さく粘土よりも粗い堆積物が流失する事でリアルな滝に見えるんです。

是非、一度は行ってみたいと思いました。

Animals Life Saves

rovin