ソマリ

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

ソマリ。

イングランド出身の少し小さな猫(=゚ω゚=)

以前ご紹介した「アビシニアン」を長毛にしたもので、基本的にはアビシニアンと同じ性質を持ちます♪

本来短毛であるアビシニアンとは異なった魅力を有しており、その魅力が見出だされ、今日に至るまで地道に数を増やしてきた品種です!

写真をご覧になってお分かりの通り、とても可愛らしい出で立ちをしています。

顔は小さく、輪郭のくっきりした三角耳。
アーモンド型の目はエメラルドやゴールドに輝き、抜群の愛らしさと存在感を演出します!

このフサフサの体毛は、一部の愛好家の間では「きつねのような猫」と形容されるほどのフサフサぶり\(^^)/

想像してみてください。
わたあめを抱き抱える喜びを(*´-`)

体重は大人で3~5㎏程です。
筋肉質で運動神経も良いので座っているとピョンっと肩に飛び乗ろうとしたり、ホントに元気一杯なんです♪

それでいて「鈴を転がしたような音色」と言われる、とても綺麗な鳴き声も持っています。

癒しの塊!

それでいて活発で甘えん坊です♪

頭もよく、人間のすることなすこと、よく観察して自分でもやってみようとします!

好奇心も旺盛なんですよ♪

兎に角運動量が豊富なので、一緒に遊んであげてください!

可愛さの中にある野性味がたまらない!

ソマリという猫を可愛がってみてください♪

Animals Life Saves
michi

長寿の犬猫

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

秋田にて、動物の飼育や殺処分について知ってもらう為の動物愛護フェスティバルが開催されました。

そこでは犬の歯磨き教室や犬猫の譲渡会もあり、来場者は犬や猫とのふれあいを楽しむことができたようです!

そして犬や猫を16年以上飼ってきた県民への表彰もありました。

こうして、動物との触れ合いを大切にすることが、嬉しいことだと知ってもらえると、とてもいいですね(^^)

鳥の好む場所

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回は鳥の好む場所についてです。

経済的に豊かな人が住む地域の方が比較的裕福で無い地域に住む地域よりも在来種の鳥が多様であったそうです。これは、経済的に豊かな人が住む地域の方が緑が多く、動物達の住処に適しているからだと考えられています。

意外なようでとても理にかなっていると思います。きちんと整えられた緑地があるからそこに寄り付く。世界各地でそうなので日本でもそういう傾向はあるというのはなんとなく腑に落ちます。

妙に納得がいきました。緑地をもっと増やして人と動物とがもっと仲良く共生していけたらと願ってやみません。自分も緑地に行くと気分がほぐれるとか、リラックス出来るという効果があると感じるので。

Animals Life Saves

Kazunori

カラーリング

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

近年、愛犬にカラーリングすることが物議を醸しています。

耳や尻尾など一部分や、ハートなどにデザインカットした毛を染めたりするようです。

オシャレのためにカラーリングをする人が多く、見た目が鮮やかになるためカラーリングをする人が増えてきています。

しかし、カラーリングにはリスクがあります。

犬用のカラーリング剤をきちんと使用すれば刺激が少ないですが、人間用のカラーリング剤などを使ってしまうと犬に深刻なダメージを与えるおそれがあります。

海外では実際に、人間用のカラーリング剤を使用したために皮膚炎により瀕死の状態になった事例が起こっています。

犬用のカラーリング剤であっても発ガン性物質が含まれている可能性や、アレルギーによるダメージを引き起こす可能性があります。

さらに犬自体にもカラーリングによるストレスを受けます。

オランダなどカラーリングを禁止している国があるほどです。

また、カラーリングを行うことを虐待と考える人もいるそうです。

ファッションセンスは人それぞれですが、愛犬にダメージを与えかねないカラーリングはやめるべきだと思います。

シート

こんにちは!

Animals Life Savesのhikaruです(^^)

休日に庭の草むしりをしました!

雑草は伸びるのが早いので除草シートを敷くことに。

雑草が生えるのに必要な条件は次の3つと言われています。

・日光

・水

・栄養

除草シートは地面の上に敷くことで日光を遮断し、雑草を生えにくくさせることができます(^^)

通常のビニールシートと違って除草シートは雨が降っても水分を通すので、シートの上が水浸しになりません。

また、除草剤といった薬品を使わないのでペットや子供のいる家庭でも使うことができるんです。

暑い時期の草むしりは熱中症になる可能性があるので今のうちからシートで対策しておくといいですよ。

無事にシートが敷き終わり作業完了です!

これで今年は雑草の心配をしなくて済みそうです(^O^)

動物愛護法案

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

今まで中々にペットに関して法改正の動きはありませんでしたが、

6月6日、衆院で可決される動きとなりました!

主な規制は

・犬猫へのマイクロチップ装着の義務化

・生後56日以下の犬猫の販売禁止(56日規制)

・動物虐待罪も厳罰化。殺傷した場合の法定刑を、現行の2年以下の懲役(または200万円以下の罰金)から、5年以下の懲役(または500万円以下の罰金)とする。

まだまだどうなるかは分かりませんが、どんどん進んでいってほしい。

海外では、マイクロチップの義務化や犬猫の生体販売を禁止するなど、すでに取り組みがされております。

もっと日本も参考にするべき!

動物に対して、人に対して、命に対して

考えられる人が増えますように!

ボツワナ

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

アフリカ大陸最期の「ゾウの聖域」と言われるボツワナなで、2014年以来禁止になっていた、ゾウの狩猟が解禁されました。

ボツワナ国内でのゾウの生息数が増え、農民に被害が出ているためと政府は、解除に至った理由を説明しています。

環境保護団体によると、禁止後も密猟が無くなったわけではなく、ゾウの生息数は大きく増えていないという意見もあります。

密漁の被害に遭い、生息数が減少しているゾウの密漁が解禁になってしまったのは、見過ごす事が出来ない事だと思います。

もう一度全面禁止に踏み切って欲しいと切に願います。

Animals Life Saves

上野

環境保護活動家

こんにちは

Animas Life Savesの上野です。

世界中の至る所で、自然や土地を守る為に活動している環境保護活動家がいます。

彼らは、日々命の危険に晒されています。

その土地の利権を狙う人達が時として、命を狙います。

現に毎年、活動の中で命を落としている人達が数多くいます。

命がけで活動をしている人達がいる!

その事を多くの方に知って欲しいです。

Animals Life Saves

上野

頂き物!

こんにちは。

Animals Life Savesのkentoです。

先日活動中に、お菓子をいただきました!

甘い系としょっぱい系の嬉しいコンビ!

どちらも好物だったのでとても嬉しかったです!

ごちそう様でした!

美味しかったです!

Animals Life Saves

kento

ラムズホーン

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回はラムズホーンと言われる金塊について書きます。

珍しい形であるがゆえに一世紀以上に渡ってアンタッチャブルな存在として誰も調べられていませんでした。

この三本の紐を束ねた様な、ユニークな形をした金塊。

これはごく少数の結晶が同時成長したものなのだと分かりました。

自然で形成されたものは時として実に美しく、見る者を魅了します。

大切にしていきたいものですね。

Animals Life Saves

Kazunori