肉球

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

肉球。

動物たちの足のウラ!

その魅惑的な柔らかさから、虜になってしまう動物好きが急増中!

触れているだけで幸せになれる、そんな「肉球」♪

皆さんは、どんな役割を果たしているのかご存知でしょうか(ФωФ)?

今回は猫の肉球を参考にお伝えできればとおもいます。

さて、そもそも肉球とは。

正式名称は「蹠球」(しょきゅう)と言います。
中心に位置する大きな部分と外側に位置する小さな部分で構成されており、それぞれの部位に名称があります。

弾性繊維と脂肪で構成されています。
あのざらざらとしたさわり心地とぷにぷにの弾力性の理由がわかりますね(^○^)

そして、前脚と後ろ脚でも名称が変わってきます。

前足は大きな肉球で前脚の中心に位置する「掌球」、

掌球の外側についている「指球」と呼ばれる5つの肉球、

指球の中の内側にある親指にあたる「狼爪」、

前脚にしかない肉球で、掌球の上部の少し離れた部分にある「手根球」。

後ろ足は中心に位置する大きな「足底球」と呼ばれる肉球、

後ろ脚にしかない趾球という、足底球の外側にある円形の4つの肉球。

という具合に、結構細かく分類されます。

いわゆるイエネコとソトネコとでは固さが異なりますし、ある程度磨耗しても再生する機能がありますが、完全に損傷すると蘇生は不可能となります。
それでも意外に固くて丈夫なので、余程の事がない限りは心配要らないでしょう\(^^)/

そして本題の肉球の役割ですが、大きく分けて以下のようになっています。

⚫足音を消す → 獲物の捕獲
⚫クッション効果 → 高所から低所への移動
⚫滑り止め → 急制動
⚫顔のお手入れの道具 → 衛生管理
⚫物をつかむ → 木登り

こうやって見てみると、背後には、生き抜くための知恵と工夫が隠されています。

肉球の役割が生活のなかで、どれだけ大きなウエイトを占めているかお分かりですね!

また、肉球は病気のサインを察知するのにも役立ちます。
熱くなっていれば発熱、色が薄くなっていれば貧血など。

体調の変化もバッチリ把握できます!

飼っている猫の調子が悪かったら、肉球を覗いてみると、病気のサインが出ているかもしれません。

猫にとって欠かせない肉球。

時に道具として、時に体調の変化を知らせるサインとして。

彼らは人間の手のように、指を自由自在に操れないのです。

そのために進化してきたのが、この肉球なんです。

是非1度、じっくり見てみてください(ノ´∀`*)

Animals Life Saves
michi