預かり制度

こんにちは!

Animals Life Savesのhikaruです。

年齢や持病がある方でも猫を飼えるサポートをしてくれる団体があるそうです。

老後に猫を飼い始めたい人のための「永年預かり制度」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190529-00000012-pseven-life

北海道札幌市にあるNPO法人「猫と人を繋ぐツキネコ北海道」では、年齢や持病が理由で飼育が難しい方に対して団体が保護している猫を預けるシステムをやっています。

このシステムでは飼育が難しくなったら団体へ猫を返すことができるので心配いりません。

また、預けてもらった猫を最後まで看取る事もできます。

猫の譲渡では持病がある方や60歳以上の方は断られる事が多く、猫を育てたくても育てられない状態となっています。

2015年から始まり、今では60名ほどの方が預かり制度を利用して猫と過ごしているんだそうです。

こうしたサービスが広がれば、もっと猫を育てる事ができる機会が広がるんだと思います。