ボツワナ

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

アフリカ大陸最期の「ゾウの聖域」と言われるボツワナなで、2014年以来禁止になっていた、ゾウの狩猟が解禁されました。

ボツワナ国内でのゾウの生息数が増え、農民に被害が出ているためと政府は、解除に至った理由を説明しています。

環境保護団体によると、禁止後も密猟が無くなったわけではなく、ゾウの生息数は大きく増えていないという意見もあります。

密漁の被害に遭い、生息数が減少しているゾウの密漁が解禁になってしまったのは、見過ごす事が出来ない事だと思います。

もう一度全面禁止に踏み切って欲しいと切に願います。

Animals Life Saves

上野