エノコログサ

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

猫じゃらし!

猫、まっしぐら(=゚ω゚=)☆!
狩猟本能を掻き立てて、テンションMAXに導く伝説の植物!

どんな猫も夢中になるスペシャルアイテム(=^ェ^=)!
あなたも猫の心を鷲掴みです(ФωФ)!

というのが有名だと思います。

ですが皆さん、実際どんな植物だか御存じですか(^-^)?

今日はそんな猫じゃらしをご紹介!
これさえ読めば、猫じゃらしマスターに大変身です!

正式名称はエノコログサと言います。

この形、何かに似ていると思いませんか( ☆∀☆)?

そうです!犬のしっぽに似ていますU^ェ^U~!

漢字で書くと狗尾草です!

犬っころ草と呼ばれることからも転移したと言われています!

と言うことは、猫は犬を追いかけ回しているということになりますね!

(・ェ・`U)~ \(=゚ω゚=)\♪

イギリス名は更に深いです。

Foxtail grass (狐の尻尾草)
フサフサのキツネの尻尾に見立てて、そう呼ばれます!
キツネもイヌ科の動物ですし同じなんですね!

\<ΦwΦ>/ ~ \(=゚ω゚=)\♪

ところでイヌとネコと言えば、十二支を思い浮かべます。

遊んでいるようで、実は猫が十二支の座を虎視眈々と狙っているのでしょうか\(^^)/?

こうやって考えてみると、とても不思議な気持ちになります。

そして、このエノコログサですが、食べることができます!

本来は食用ではないのですが、粟の一種ということで脱穀して食すようです。

かつて飢饉が起きたときも食用とされた記録が残っています。

人にとっても、いざというときに力を貸してくれる植物なんです!

Animals Life Saves
michi

セルカークレックス

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

セルカークレックス!

聞いたことありますか?

30年ほど前に見つかった、自然発生種の大変新しい猫なんです!
全身天然パーマのお洒落な猫!

その歴史は、保護施設の一匹の猫を保護した人から始まったのです。

実はセルカークレックスの祖先となった猫は保護施設にいた種類が元になっています。

この「保護猫」を繁殖させたのはジェリー・ニューマンというアメリカの繁殖家でした。

セルカークレックスの体毛はご覧の通りの巻き毛。

実はこの時引き取ったこの猫は突然変異の巻き毛タイプだったとされています。

シェルター出身の巻き毛を持った新しい猫が生まれ出そうとしていました。

ジェリーは初め黒いペルシャと交配させました。
そして生まれた子猫は6匹。そのうち3匹が巻き毛でした。

セルカークレックスの巻き毛が遺伝であることが確実となったのです。

ジェリーは、長毛の毛質と人懐こさを高めるためにペルシャと、忍耐強い性格を与えるためにブリティッシュショートヘアと、明るい性格を与えるためにエキゾチックショートヘアとの交配を重ね、現在の形に落ち着いたのです。

さて、このセルカークレックス。

体がとても大きいんです!

筋肉質でたくましく体重も5kgオーバーの個体もいるほどなんですが、顔は丸く鼻が短い愛嬌のある風貌が特徴的なんです♪

体毛の長さはショートからロングまで幅広く、様々な箇所でカールした毛を見られます。

性格はとても落ち着きがあり、気づいたら背後を取られていることがあるくらい、静かな雰囲気と行動をします♪

これまでご紹介した猫たちの中でも特に静かです。

この巻き毛と物静かな様子から「羊の皮を被った猫」と形容されることもあります(=゚ω゚=)

とはいえ猫です。
遊ぶときは遊びます♪

子猫の時代は特に活発なんです!

目一杯遊んであげてください\(^^)/

大人になるにつれて落ち着いた行動を見せるようになっていきます。

決して退屈しているわけではないので、温かく見守ってあげましょう♪

行動にメリハリがあるので、まったりしているときは静かに見守ってあげましょう。

人見知りを殆どしないので、小さな子どもに対してもそつなく対応できる、大人な一面も兼ね備えています♪

そして肝心なのがブラッシングです!
毛の量も多く、抜け毛も多いので定期的にしてあげてください。

マッサージもしてあげると喜びますよ♪
セルカークレックスとの距離を縮めるチャンスですね(^-^)

どこかゴージャスな雰囲気を醸し出すセルカークレックス!

是非可愛がってみてくださいね(ノ´∀`*)

Animals Life Saves
michi

大発見

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

大阪 堺で発見されたモノが世界の大きな問題の1つを解決するかもしれません‼︎

なんとペットボトルを食べる性質を持つ細菌が見つかったんです。

名前は「イデオネラ・サカイエンシス」です。

堺のペットボトル処理工場から見つかったので、発見場所に因んで名付けられたそうです。

世界を悩ます、大きな問題解決の糸口になる事を期待したいです。

Animals Life Saves

上野

ドライアイ

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

本日はドライアイついて書こうと思います。

みなさんの中にはドライアイになっている方もいらっしゃると思います。

スマホやパソコンを長時間見ることが多い人に増えているそうです。

涙が少なくなることで目が乾き、角膜や結膜の表面に炎症が起こってしまう病気です。

そんなドライアイが犬に起こるということをご存知でしょうか。

はじめは結膜が充血し痛みが出てきます。その後痛みは引いていきますが、ドロドロとした目ヤニが出たりします。

以前はウイルスなどによりドライアイになることが多かったですが、最近では目に何らかのキズがついたことでドライアイが引き起こされる事が多いです。

目が充血しているだけでは見逃してしまう恐れがあるので、ドロドロとした目ヤニが出てくるようであればすぐ病院に連れて行ってあげてください。

植物の病気

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

みなさんは葉っぱが白くなってしまった植物を見たことがありますか?

これは「うどんこ病」なんです。

うどんこ病とは、植物にカビの菌が住み着いてしまうことで発生する病気で、ほとんどの植物に起こる可能性があります。

うどんこ病で白くなった部分は光合成ができないため葉っぱが枯れてしまい、植物がダメになってしまう恐れがあるんです。

重曹や食酢を薄めたものを霧吹でかけてあげると良いですが、被害が大きくなると薬剤を使用しなければなりません。

日当たりが悪い所や湿気が多い所など環境が原因となる場合が多いです。

そのため、環境を変えてあげたり薬剤で予防してあげる必要があります。

また、この病気は初期の段階であれば、植物自体の自然治癒力で完治することもあるそうです。

大切な植物がカビだらけになってしまわないように日頃から気にしてあげてください(^^)

クックワン倶楽部様に送金しました。

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

先日、クックワン倶楽部様に送金しました。

クックワン倶楽部とは、沖縄で傷つき捨てられた闘鶏の保護を行なっているクックハウスという保護施設に迷い込んだ捨て犬の保護プロジェクトです。

現在この子の里親になってくれる方を探しています。

里親になってくれる方はご連絡をお待ちしています。

里親さんが見つかる事を祈ってます。

Animals Life Saves

ryushin

ゴミ山

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

日本のゴミ処理システムは世界に比べて進んでいるなと思います。

市区町村単位で焼却施設を持っており、ゴミ収集もしっかり行われています。

1人1人のゴミの分別の意識もあり、リサイクルの取り組みもなされています。

少し世界に目を向けると、日本が進んでいる事がよくわかります。

IT先進国として高い技術力を誇るインドについて触れてみます。

首都ニューデリーの東側にある、ゴミ埋立地ガジプール。

サッカーコート40面以上の面積を誇る、埋立地は許容量を超えているにも関わらず、毎日2000トン以上のゴミが運び込まれ、山とかしています。

現在の段階で65m程に

年10mのペースでゴミが積み上げられています。

行政も他の処理を見つける事ができず、未だに使用され続けています。

積み上がったゴミは、時間の経過と共に分解されて消えるのでしょうか?

Animals Life Saves

上野

海鳥の大量死

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

https://www.cnn.co.jp/world/35137750.html

海鳥のエトピリカがベーリング海で、大量死しているそうです。

しかも原因が餓死だというから非常にショックです。

気候変動によって餌が減っているのが餓死に繋がっているそうです。

結局また人間のせいです。

人間が環境を壊し、地球の気候そのものを変えてしまった結果です。

いい加減自分達が多くの動物達の命を奪っていることを認識し、全員で動き出さないと、人間のせいで全ての動物達が居なくなってしまいます。

環境破壊は自分が当事者だという意識が低くなりがちですが、今のような豊かな生活を続けるだけでどんどん環境は壊れていきます。

自分の生活が環境破壊に繋がっているとしっかりと認識する事が大切です。

一人一人が意識し、小さな努力を続ける事で、解決出来るはずです。

各々が出来る事からやっていきましょう。

Animals Life Saves

ryushin

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

馬は睡眠時間は1日2〜3時間と言われています。

草食動物は肉食動物に襲われる危険性が高いことから、常に警戒態勢を取らなくてはならないこともあり、睡眠時間が短かくなっているんです。

そして、びっくりすることに馬は1日に10〜20時間も食事をしています。長時間食べ続けることができるのも馬の特徴です!

小さい頃に遠足などで見かけた馬!

こんな特性があったとは驚きでした!

Animals Life Saves

tsuyoshi

キリン

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

キリンの寝方です。

キリンは座って寝るんです。

しかし、このように座って寝るのは1日20分くらいと言われ、それ以外は立ったまま寝ています。

もし、キリンが座って寝ている姿が見られたときは本当に貴重なシーンです!

いいことが起こりそうですねー!

Animals Life Saves

tsuyoshi