とある写真家のお話

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

多摩川。

東京の奥多摩~羽田まで、およそ138㎞にも及ぶ、日本でも有数の河川です。

――――――――――――

「これがライオンだったら同じことはしないはず」

そう話すのは、フリー写真家の小西修さん(62)。

奥さんと結婚して29年。

ですが、その間、旅行に行ったことも無いと言います。

夫婦の日課は、専ら多摩川の河川敷に存在する野良猫の保護活動。

きっかけは修さんがフリー写真家として活動していた最中、家の近くの公園で虐待に遭っている猫の存在でした。

人間が猫の棲みかを壊して死体をその上に乗せる。

通りがけに猫を蹴り飛ばす。
ゴルフクラブで殴る。

そうしているうちに、小西さんは多摩川に目を向けました。

予感は的中、河川敷にはさらに過酷な現実が待っていました。

そして猫を救出しようと奔走する日々が始まったのです。

写真家の仕事をしながらも月に20日以上は河川敷にいる猫の世話をすると言います。

1日の移動は自転車で50~60㎞にも及ぶそうで、そうしているうちに数百匹の猫の世話をしていました。

夏場はハエ、ノミ、ダニ、蚊などを媒介して、病原菌が撒き散らされる劣悪な環境が、冬は過酷な寒さが待ち受けます。

痩せ細っている猫には十分な食事を与えながら、常に健康状態に目を光らせます。

病気に掛かっている猫は病院で治療を受けさせることもあります。

これらのお金は全て小西さんの懐から出されたものです。

国に援助を求めず、誰に言われるでもなく、自らの意思で猫たちを救う。

ご自身の生活費も必要最低限確保したら、あとは全て猫のために使う。

とても簡単なことではありません。

そんな中でも、無くならない「弱いものいじめ」。

散歩に来た犬を、飼い主が河川敷に放って猫を襲わせるなど、劣悪非道な行いが蔓延しているのです。

きっと、かつて家の近くの公園で行われていた非道が、河川敷でも広がっている可能性があります。

猫たちの真の脅威は、夏の暑さでも冬の寒さでも、はたまた、病原菌でもありません。

人間。これだけです。

失われる必要の無い命を虐げる、無価値の存在です。

常識という縛りを教育と言う言葉で固め、
教育という暴力を日常的に繰り広げる。

冒頭の小西さんの発言を思い出してください。

一部の心ない人間は自分より強いものに挑もうとせず、

弱いものをを見下し、欲求を満たすために殺す。

許される行為ではありません。

小西さんが行う懸命な活動を、初めて「動物保護」と呼べるのではないでしょうか?

きっと、一生をかけて取り組まれると思います。

そんな小西さんの生き甲斐。
それは自転車で河川敷を訪れると、自ら走って近寄ってくる猫たちの姿なんだそうです。

胸を打たれる光景ですね。

野良猫たちが安心して暮らせる環境も必要ですが、

弱い人間が動物たちを虐める環境の廃絶も進めなければいけません。

今の非力な自分にできることは限られていると思いますが、

偽善ではない、動物たちに寄り添った支援をできるよう活動に取り組みたいと思いました。

初心に還り、頑張ります。

Animals Life Saves
michi

ミネラル

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

ミネラル。

よく聞くけど、何のことかサッパリ・・・という方も多いのではないでしょうか?

生命体全般に必要な成分なのですが、ビタミンのように消耗するだけでなく、体の構成成分となることもあるんです。

これは人間でも犬でも猫でも同じなんです。

例えばそれは、体を構成する元素のうち、酸素・水素・窒素・炭素を除いた全ての成分を指します。

代表的なものは以下のものです。

⚫カルシウム→骨や歯を作る、出血を止める
⚫マグネシウム→骨や歯を作る
⚫リン→骨や歯を作る、脳・筋肉・神経を構成する、エネルギーを作り出す
⚫カリウム→血圧の調整作用
⚫鉄→ヘモグロビンを構成する、酸素を運ぶ
⚫銅→ヘモグロビンを構成する、「鉄」をヘモグロビンにするために必要な材料
⚫亜鉛→味覚の判断、皮膚や粘膜を構成する、新陳代謝に必要
⚫マンガン→細胞の成長成分、骨作りに必要

等々、他にもいくつかありますが、いずれも重要な役割があるんです。

特に、血液中のヘモグロビンを構成する鉄。
実は鉄だけあっても意味がなく、鉄をヘモグロビンに変身させるためには「銅」が必要になるのです。

このように、体は、いくつかのミネラルが集合して作られていることがお分かりだと思います。

これは骨作りに必要なカルシウムがリンやマグネシウムが無いと骨にならないのと一緒です。

一般的にミネラルは五大栄養素の一角を担うとされます。

ここで、犬を例にして見てみましょう。

例えばカルシウム不足に陥ると、骨粗鬆症はもちろん、筋肉の痙攣を生みます。

リンやマグネシウムと組み合わせて、丈夫な骨作りを進めます。

カルシウムは小魚や乳製品、リンは肉や魚、マグネシウムはおからや豆腐等に多く含まれます。

そして、カリウム。体内の水分バランスを保つ役割があります。

ナトリウムは心臓や筋肉の動きを調節する重要な働きをしますが、カリウムと組み合わせて、体内の水分調節を行っているんです!

こうやって見ると、どれかひとつでも欠けてしまうと、体調を崩したり、回復が遅くなるということがよく分かります。

肝心な点が、全て人間と同じものが食べられないということです。

加熱処理をしたり、味を薄くしないと、よからぬ体調トラブルを生みかねません。

加えて、これらのミネラルは外部摂取しなければなりません。

場合によってはサプリメントを使用してもいいですよ!

慎重な選択を心掛けてください。

動物たちは言葉を発することができません。

体調や行動の僅かな変化の見落としが命取りになることもあります。

対策としては普段の食生活で何を食べさせたのか、日々の記録も大切なデータとなります。

愛する家族の窮地の際に役立つので、是非試してみてください!

Animals Life Saves
michi

スケーリーフット

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回はスケーリーフットについて話したいと思います。

スケーリーフット体が金属のウロコで覆われたような奇妙な深海生物です。

深海の熱水噴出孔付近だけに密集して生息する巻き貝の仲間です。

このスケーリーフットがレッドリストに入ってしまいました。

熱水に適応しすぎて他のところで生きられない”熱水固有種”なので環境変化による影響を受けて生息地が破壊されやすいという事態が起こっています。

大切で貴重な生命を守る為にもっと自覚と責任を持った行動を我々一人一人が取らなければいけないと強く感じます。

Animals Life Saves

Kazunori

食品用ラップの弊害

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回は、食品用ラップについてです。

安価で持ち運びしやすく食べ残しの保存にも有用ですが、プラスチック汚染を悪化させ、リサイクルが難しいというのが欠点も併せ持っています。

また、有害性が指摘される化学物質から作られているので、環境中で分解された場合、その影響が大きくなる可能性が高いです。

薄くてとても破れやすいラップは専用の機械でないとリサイクルがとても難しく、ゴミが付いているとコストが高くなります。

ロウ引きの紙がこの代替品としてあり、リサイクル可能な観点からもこういう製品も利用できるという認識がまだまだ足りないと感じます。

Animals Life Saves

Kazunori

コウノトリ

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

「赤ちゃんを運んでくる鳥」と言われている『コウノトリ』が絶滅危惧種になっています。

現在は、総数が2,000〜3,000羽。

日本では昭和46年を最後に野生のコウノトリが見られていません。

コウノトリは田園があり、水がキレイな環境に見られます。コウノトリがいる環境ができれば、自然が育ち、野生動物が増え、多くの命が共存できる環境になります。

コウノトリが運んでくるのは赤ちゃんだけでなく、みんなが求めている自然なのかもしれないですね。

Animals Life Saves

tsuyoshi

アオウミガメ

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

日本各地の砂浜でも産卵することもある『アオウミガメ』が絶滅危惧種になっています。

原因は、産卵環境の減少と水質汚染です。

浜辺で孵った子亀たちが海辺向かう姿は、本当に感動します。

この姿をいつまでも見れるように、そして、その姿を見ることができる場所が増えていくように、今できることを考えて取り組んで行きたいと思います。

Animals Life Saves

tsuyoshi

フェネック

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

フェネック。

この大きな耳をご覧ください。
体の4分の1はあろうかという大きく立派な耳!

キツネの仲間になりますが、体長30~40cmと最小サイズとなります。

基本的にはサハラ砂漠地帯に生息しており、穴を掘ってその中で生活しています。
普段は10匹ほどで群れを成しています。

普段はネズミなどの小さな哺乳類から昆虫、鳥類、植物まで兎に角何でも食べます。

水の無い砂漠において、水分摂取は植物から行います。
そのため乾燥に対する耐性は強いです。

砂漠地帯の昼は暑く、夜は寒い特殊な気候をしており、動物たちもその気候の変化に合わせて進化を遂げてきました。

特にフェネックは大きな耳を活かして、砂漠の熱風で温まった体の熱を放熱するため、そして獲物の僅かな動きを察知したり。

かなり有効活用しています。

また、体毛も厚くなっています。
これは寒暖差の激しい砂漠地帯で生活するため役に立っています。

そして、その体毛は足の裏まで及びます。これは砂漠の熱された砂の上を歩くため、そして、足音を消すためとされています。

とても理にかなった構造をしているんです。

そして運動神経も抜群で、兎に角素早い動きが特徴的ですが、特筆すべきはその跳躍力。
何と垂直に60~70cm、水平に120cm跳ぶことができるんです!

まるで忍者の如く機敏に動き回るのは、外敵から身を守るため。

サハラ砂漠には天敵がたくさんいるんです。

ワシ、ミミズク、ハイエナ、ジャッカルなど。

元々警戒心はかなり強く、臆病な性格をしています。
軽快で俊敏な動きは身を守るために大きな効果を発揮しています!

これらのことからもお分かりかと思いますが、厳しい環境下で生きるため、独自の進化を遂げてきました。

近年はペットとしても根強い人気を誇りますが、そのために乱獲されたり、高級毛皮として捕獲されたり。

更には生活エリアの縮小も相俟って、個体数が減少しています。

希少価値が高く、高級品として売れる反面、とても複雑な心境を抱くのも事実。

彼らの安息の地は唯一、自ら掘った穴の中にしか無いのです。

安息の地を作るのは本来我々人間の役目のはずです。

こういった悲しい現実がひとつでも多く解消されることを願うばかりです。

Animals Life Saves
michi

卵の密輸

こんにちは。

Animals Life Savesのkentoです。

ペットとして人気のある鳥たちですが、ヨーロッパで今、卵の密輸が問題になっています。

野生動物を捕まえてきて販売するのは禁止されていますが、ブリーディングによるペットの売買は禁止されていません。

その法律の穴を逆手にとって、密輸してきた卵を孵化させ、飼育下で生まれた子達だと偽り、合法に見せかけて販売する手口がヨーロッパで横行しています。

特に今話題なのがスミレコンゴウインコです。

スミレコンゴウインコは日本円で100万円以上の値段がつく非常に珍しく、人気のインコなんです。

高額の理由は、野性下のスミレコンゴウインコの捕獲が禁止されていることと、ブリーディングの難しさによる個体数の少なさによる価格なんです。

この密輸は組織的に行われ、現地から野生のスミレコンゴウインコが生んだ卵を盗んできて、それをヨーロッパに密輸。

密輸された卵はヨーロッパで孵化させられ、販売されます。

普通の動物の密輸より見つかるリスクが低い為、卵密輸は密輸動物の中でも取り締まりが難しいそうです。

手を変え品を変え多くの動物達を喰い物にしている密輸者達。

とても許せる行いではありません。

こういった密輸が1日でも早く無くなることを願います。

Animals Life Saves

kento

衛星が生まれる瞬間

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

地球からおよそ370光年離れた位置にあり、中央の恒星を取り巻く円盤の内側に微かな斑点が二つあり、このうちの一つが系外惑星と周囲に形成されつつある衛星であると見られています。

太陽系の外にというのが非常に興味深く気になります。

生物も住めるのか?といったことも含めてとても気になります。

Animals Life Saves

Kazunori

子猫の保護

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

「子猫を保護した」と、数日前に友人から連絡がありました。

彼は猫の飼育経験があるものの、一歳くらいの子猫を引き取ったという経緯です。

野良猫で、しかも生まれて間もないらしく、周辺に親猫がいなかったということでした。

しばらく様子を見るとのことで、早いうちに里親を募るとのことでした。

こんな時、あなたならどうしますか?

今日は猫を保護したときすべき対応策をいくつか紹介します。

保護する上で、まずすべきことは、保温です。
お湯を絞ったタオルで体の汚れを優しく拭き取り、カイロや湯タンポ等を使用して、暖かい寝床を作ります。

特に目が開いていないような、生まれたての子猫は体温調節ができません。

低体温症で命を落とすケースも少なくないので、徹底してください。

寝床ができたら、次は病院です。

一見元気に見えても、思わぬ感染症やノミやダニに汚染されていることもあります。

しっかり診てもらいましょう。

費用は、
・予防接種 各 4,000~6,000円
・ノミダニ駆除 2,000円~
・検査費用 5,000円~
・初診料 1,000~3,000円

あくまで目安ですが、大体10,000~20,000円程掛かってきます。

以上のことからも資金面での準備が必用なこともお忘れなく。

病院での診察が済んだら、次は食事を与えてあげます。

生後間もない子猫は、固形物は勿論、自分で食事ができません。

そのため、哺乳瓶を使用して、猫専用ミルクを二時間置きに与えてあげます。

初めのうちは中々飲めず苦労するかと思いますが、根気強く与えてあげます。

ここで注意してほしいのは牛乳では無いということです。
お腹を壊して脱水症状の恐れもあるため、必ず猫専用ミルクにしてください。

1~2ヶ月もすると、自分で食事を摂れるようになりますので、離乳も兼ねてウェットタイプのキャットフードなどを与えていきます。

次第に固形物のフードに切り替えるなどして、上手に食事を与えてあげましょう。

そして、大切なことがもうひとつ。

トイレを覚えさせることです。

猫にはトイレ専用の砂が市販されているので、それをしいて覚えさせます。

最初は自分の臭いを染み込ませて、徐々に慣れされていきます。

こちらも根気強く行っていく必用がありますが、きちんと向き合って覚えさせましょう。

これらを踏まえて、ようやく飼い猫としての時間がスタートしますが・・・

里子に出すか否か。決断の時はすぐにやって来ます。

この子の一生を責任持って面倒をみるか。

出会いがあれば別れがあります。

中途半端が一番ダメなんです。

「可愛いから。」
そんな理由で保護はできません。

それほどまでに重い決断なのです。

もし飼えないのであれば、地域の保護猫施設やインターネットを通じて里親を募集するのも手です。

あなたの手で救った命。

もしも今回のようなケースに遭遇したら、猫たちのために最高の決断をしてあげてください。

Animals Life Saves
michi