脱ビニール傘

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。


雨大国である日本。

年間の3分の1は雨と言われる程よく降ります。

欠かせないのが、傘ですね。

遥か昔から、雨を凌ぐお助けアイテムとして君臨していましたが、

昨今忘れ物が多く目立ち、年間で1.3億本を失くしていると言います。

なんと国民ひとりあたり1本換算です。

しかもそのうち8800万本はビニール傘だというのです。

ここで懸念されるのは、ゴミ問題。


手軽に買えるビニール傘だけに、扱いも粗末になりがちで、密かに問題になっています。

そこで、そこに目をつけた企業などが、

デザインや構造に強い拘りと信念を持って「折りたたみ傘」の普及に力を入れ始めたのです。

子どもでも手に取りやすい可愛らしいデザイン。

強い雨風にも耐える、折れない・曲がらない・破れない構造。

GPS機能付きで忘れ防止。

など、「脱ビニール傘」をモットーに商品開発が行われています。

手軽に持ち運べて、外国人観光客のプレゼントとしても注目を集めつつあるのです。

お金を掛ければ、それなりに大切に扱う傾向がありますが、

日本人の傘に対する対価はかなり低いと思います。

モノを大切に、長く使用するという意識付けで、ゴミ問題に一矢報いようとする企業や人々がいます。


私も、傘はもちろんですが、

身の回りのモノを大切に扱う意識を大切にしたいと思います。

Animals Life Saves
michi