ヒゲの秘密

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

猫の口元に必ず生えているヒゲ。

実は口元だけでなく目の上や顎の下から、計四ヶ所もあります。

ですが、実はこれだけではありません。

手足にも生えており、体全体で50~60本のヒゲが存在しています。

このヒゲ、別名「触毛」と呼ばれ、

平衡感覚を保ったり、物体を把握したり、

微妙な空気のな流れを察知するのに役立ちます。

そして高低差や距離感までもを把握できる優れものなんです。

これは並の人間にはない特性ですね。

動物がいかに優れているか分かります。

触毛の付け根には血管が流れており、

神経を伝って、脳に情報を届けます。

言わば猫にとってヒゲとはセンサーであり、

身体能力を活かした行動をサポートする大切な役割を持ちます。

また、状況に応じてヒゲの動きも変わります。

顔周辺のヒゲが垂れ下がっていたらリラックスしており、

前に突き出すように広がれば興味を示していることになり、

逆に頬に沿うように張っていたら警戒して緊張している証です。

この様に心理によって動き方に変化が生じます。

ヒゲは手足であり、同時に感情を表現する。

猫にとっては「ヒゲは口ほどに物を言う」ということですね。

ゴロゴロ喉を鳴らしたり、シャーっと威嚇で身の毛を立てたり。

感情表現豊かな猫を心理を読み解くヒントにしてみてくださいね♪

Animals Life Saves
michi