命の恩人のために

こんにちは!

Animals Life Savesのkentoです!

今回はとても心温まるニュースを見つけたので、紹介したいと思います!

それは毎年恩人の元に里帰りするマゼランペンギンのdindimです!

2011年頃、ブラジルのグランデ島付近で原油まみれになっていたdindimはPereiraさんに保護されました。

Pereiraさんは体力が回復するまでのつもりで保護していたのですが、元気になってもdindimは帰ろうとしませんでした。

Pereiraは船に乗せ、強引に帰ってとしましたが、dindimはまた戻ってきました。

しかしある時dindimは海に帰っていき、戻ってきませんでした。

しかし数ヶ月後、dindimはまたPereiraさんの元に戻ってきました。

dindimはパタゴニアまで戻り、また里帰りしてきたのです。

パタゴニアとブラジルは3000km前後の距離があり、dindimはPereiraさんに会うためだけに数千kmも海を泳いでやってきているということになります。

マゼランペンギンはより暖かいブラジルの海域までやってくることもあり、dindimが自分のすみかからリオデジャネイロまで泳いでくることは決して不可能ではないそうです。

dindimはPereiraだけに懐いているらしく、他の人間にはつついたり、攻撃的な行動をとることもあるそうです。

人間と動物が通じ合える世界になれるように努力していきたいと思いました。

未分類

Animals Life Saves

kento

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP