和歌山県

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

自然豊かで食べ物の美味しい和歌山県ですが、猫を殺処分してしまう数が全国ワースト3位ということご存知でしょうか。

なんと年間1426匹もの大切な生命が殺処分され失われてしまいました。

ここまで多くの猫が殺処分されてしま原因として、和歌山県の野良猫の多さがあります。

野良猫の繁殖スピードは早いと言われていますが、和歌山県の野良猫の増加は空き家の多さが関係しているそうです。

一人暮らし高齢者が亡くなってしまったり施設に入居されるため空き家はどんどんと増えてしまい、和歌山県では全体の18.1%の家が空き家になっています。

その空き家に野良猫が住み着き子供を育てます。

外敵から身を守り、雨風をしのげる空き家は野良猫が増える環境として うってつけです。

空き家率は全国ベスト3位というデータからも、和歌山県の空き家がいかに多いかが分かります。

県は野良猫を減らすため猫の不妊手術を行う施設を設けたり譲渡会を開催しています。

また、不妊手術を施した野良猫を自治体全体で育てていく地域猫活動にも力をいれています。

もともとは人間達の都合で捨てられてしまった猫達の大切な生命を、人間達の勝手な都合で殺処分するなど、あってはいけません。

すぐには目立った効果は現れないですが、一刻も早く野良猫と殺処分が無くなるようにしなければならないと強く思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP