猫の風邪

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

猫の風邪。

未分類

我々人間が風邪を引くように、実は猫も風邪を引くことがあります。

ウイルスは人間が感染するものとは異なり、人間を媒介して発症することはありません。

ですが、色々と注意することがあるので合わせてご紹介します(=゚ω゚=)

まず、このウイルスは数日間潜伏した後、発熱、くしゃみ、鼻水、食欲不振などの症状を起こします。

発症の原因は寒さ、ストレス、栄養不足などとされています。

少し怠そうにしていたら要注意です。

そして合併症にも注意が必要です。

猫ヘルペスとカリシウイルスの2つのウイルスですが、
前者は目やに、結膜炎、鼻水などで顔が汚れてしまうのが特徴で、最悪肺炎も発症して悪化する恐れがあります。

後者は口内炎や舌に潰瘍ができ、食事を取れなくなり脱水症状に陥ることもあります。

両者とも非常に危険を伴います。

さらに、他にも猫がいる場合、その子たちへの感染も注意が必要です。

特に子猫や体の弱っている猫はクラミジアやマイコプラズマなどの細菌が混入して重症化してしまうこともあるんです(ФωФ)

そうなる前に!

病院で治療を受けましょう。
これが一番効果的です(´∇`)

抗ウイルス剤などの薬を処方されるので、合わせて服用させましょう。
そして生活環境の見直しもできると尚良いですよ♪
1~2週間で体長が回復しないときは、合併症を引き起こしてしまっている可能性もあるので、再度病院で見てもらってください。

そして最後に!
絶対に人間が服用する風邪薬を与えないでください!
成分によっては死に至るものもあるので、用法用量を正しく守って治療に専念してあげてくださいね(=^ェ^=)

もしものときでも焦らず、慌てず。
大切な猫ちゃんの命を確り守っていきましょう!

未分類

Animals Life Saves
michi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP