イースター

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

クリスマスやハロウィンなどはもう日本では当たり前のイベントになりましたが、

近年、徐々に認知度を上げているのが

「イースター」

日本語では復活祭と言われます。

イエスキリストの復活をお祝いするお祭りです。

この喜ばしいイベントに悲しいニュースがありました。

「イースター終了で捨てウサギ急増 対策はペットショップでの動物販売禁止」

なぜキリストのお祝いなのに、うさぎなのか?

それは、子どもをたくさん産む「うさぎ」は、豊穣や繁栄の象徴と言われています。

また、イースター前夜にいたずらうさぎがたまごを隠したという言い伝えから

「エッグハント」が生まれたという説もあり、うさぎもイースターのシンボルになっています。

そこで、うさぎをプレゼントにするという人が増えています。

そしてその数日後には捨てられてる子がいたり、愛護センターへ届けに来る人がイースター後に多くなるということです。

まるでうさぎを商品のように扱っています。

うさぎは手がからない。

安易な考えから衝動買いをする人も増えているようです。

生き物なんだから手がかからないなんてことはないのに…

そしてそのお世話をしてこそ、癒されるものなのに…

アメリカでは早くにペットショップでの犬猫生体販売を禁止しています。

今ではこの法案が広がりつつあります。


動物達が平和に暮らせるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP