老犬ホーム

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです!

最近は動物虐待や、殺処分の増加など、

悲しいニュースばかりが多いですが、

動物達の為にたくさんの取り組みをしている団体が多くなりました。

今やペットは家族同然!

こんな取り組みをしている団体さんがいます!

“老人ホームならぬ老犬ホーム”

京都・京丹波町にある「老犬ホームあん」。を紹介していました。4年前に開設し、今では64頭の犬を預かっています。

人間社会の高齢化により、飼い主が施設入所や入院することで行き場をなくしたペットが増えているといいます。老犬ホームあんでは、1か月の預かり料は1頭につき約3万円で、犬種によって変わります。運営は、預かり料と全国からの寄付金でまかなっています。

預かり料が高額と感じる人もいるかもしれません。

けれど、自立困難や認知症で昼夜逆転の症状が出て、夜中に無駄吠えをしたり寝たきりになったりするの犬もいるため、放っておくことはできません。脱水症状を起こしてしまうなど、24時間介護によりきめ細やかなケアが必要な犬も預かっているのです。

---------------

すごく素敵な取り組みですよね。

人間と同じように高齢犬に対しての施設がある。

家族の一員として受け入れをしてくれるというのはとても有り難いことです。

もっともっとたくさんの人が動物に対する認識を

ペットではなく、家族としての認識になっていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP