マウイイワスナギンチャク

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

世界一の猛毒を持つ生物と言われているのが『マウイイワスナギンチャク』です。

神経毒のパリトキシンを持っています。

パリトキシンの毒性は青酸カリの8000倍とも言われています。

計算上では、体重60Kgの人間がわずか3〜6マイクログラムほどで、半数が死に至る考えられています。

その毒は、心臓とその心筋や肺の血管などを急速に収縮させ、赤血球を破壊することから生物は窒息するかのごとく死亡します。

見た目はキレイで思わずさわってみたくなってしまいますが、命を奪うほどの猛毒の持ち主です。

絶対に触らないでくださいね!

Animals Life Saves tsuyoshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP