海の腐海化

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回は海の腐海化についてです。

今、気温の上昇で南極の氷が溶けていると話題になっていますが、ここで今後真剣に防がなければいけない由々しき問題があります。

それが『海洋無酸素事変』です。

海には海流があり、海流によって海底までかき混ぜられて酸素が隅々まで行き渡っています。そのおかげで深海でも魚が棲めるようになっています。

この海流の原動力が、グリーンランドや南極の氷です。

氷で冷やされた海水は比重が重くなり、下に沈み込みます。このエネルギーで、世界中の海をかき混ぜる海流が起きているんだそうです。

もし南北両極の氷がなくなると、海水の沈み込みが起きなくなります。すると海流が止まり、海をかき混ぜる力が失われます。即ち、酸素が送り届けられなくなった海底は無酸素となり、やがて深海に生きていた生き物は窒息死します。

死体は酸素がない状態では腐敗してしまうので、腐敗すると硫化水素などの毒ガスが発生し、海底の生物だけでなく、海面の魚も死に、海底へと沈んでしまいます。

海底の死骸が腐敗してさらに硫化水素を発生させ、それがさらに大量の魚を死に至らすという悪循環が始まり、海洋生物の大量絶滅が起きます。これを『海洋無酸素事変』といいます。

この海洋無酸素事変は地球の歴史の中で生物の絶滅を引き起こしたことのある現象です。なので事態が今より深刻にならないうちに何とか温暖化を進めないために今一人一人が出来ることをしていかなければなりません。

Animals Life Saves

Kazunori

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP