モーリシャス

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

今話題になっている

モーリシャス座礁ですが、やはり重油の被害がどんどん出てきているのだと思います。

この写真はモーリシャス沖で見つかったイルカの死骸。

少なくとも17頭のイルカが死んでいるのが見つかった。

漁業担当相は、イルカの死は「一見したところ」重油流出とは無関係と思われる。と言っているそうですが、今までにこの数の死骸が見つかることはなかったとも言っています。

サメに襲われたような跡があったようですが、

重油のせいで、逃げ足が遅れていたとしたら?

視界が悪くなっていたとしたら?

これでも無関係だと言われるんだろうか?

どこまでも人間は責任転嫁するのが好きだね

これからもっと海への影響はでてくるのだと思います。

重油だけでなく、普段から私たちは動物にとって有害なものを排出しています。

せめてゴミはゴミ箱に捨てる。

そしてゴミ拾いをする。

小さなことの積み重ねで、変わります。

これより大きな被害を出さないためにも、

できることを私はこれからも続けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP