ペットショップとは

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

高級な犬や猫がペットショップで安く売られていた。

なんてことはよくあることです。

通常で買うと30万~50万するペットが

5万で売っていたというのもある話です。

でも安いものには訳がある。というのはその通りで、ペットショップで安く売られているにも訳があります。

・栄養失調

血液検査で、総合タンパク質(TP)、アルブミン(ALB)などを検査するとよくわかります。体重が軽いな、と思ったら、血液検査をしてもらいましょう。

・低体重

血統書付きの子は、標準体重がわかります。その3分の1ぐらいの子が多いです。

・食が細い

成長期のときに、しっかり食べさせもらっていないので、胃なども小さなままの子が多く、少量しか食べられません。多くあげようとすると、吐く子もいます。

・骨密度が低い

すぐに骨折する子もいます。レントゲン検査をすると、張り子の虎のように骨がスカスカの子もいます。骨が折れやすい子も多いので、高いところから飛ぶ行動は、控えた方がいい子もいます。

・発育不全

脳や心臓などの生命の維持に必要なところには、優先的に栄養が届きます。でもそうじゃないところに栄養がいかず、毛ぶりが悪いとか、発情がなかなか来ないなどもあります。

ペットショップでは、売る為に、かわいく見せる為に、あらゆる手立てをしています。

全てのペットショップがそうとは言いませんが、成長を遅らせる為に、わざとご飯を少なくするというのはよくあります。

こんなことするなら、ペットショップは無くていいものです。

結局は人間のエゴで虐げられる動物たちがたくさんいます。

1匹でも救えるよう、私は毎日の活動を力に変えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP