宿泊療養

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

東京都は新型コロナウイルスに感染した方に向けて、ペットと一緒に滞在することのできる宿泊療養施設を開設しました。

プレハブの仮設住宅140室が設けられ、ペットを飼っている方が新型コロナウイルスに感染してしまったとしても一緒に過ごすことができるようになりました。

ペットはイヌやネコ、ウサギ、ハムスターの4種類に限定されていますが、当てはまるペットを育てている方には安心できると思います。

しかし、コロナウイルスは動物への感染例もあり、ペット達の生命を脅かすことにも繋がります。

新型コロナウイルスはまだまだ未知のウイルスで、現時点では有効なワクチンもありません。

そんな中で感染した人間とペットが過ごすということは、ペットの感染リスクを高めることになります。

ペットへの安全配慮と感染リスクを下げる対策を行わなければ、たとえ人が感染した時でもペットのお世話をすることができますが、ペットが感染してしまえば元も子もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP