たけのこ

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

ニュースで知りました。

たけのこって土からたけのこの先っぽがちょこっと出ているくらいのが一番美味しいんです。

しかも、プロは目で見てたけのこを探すのでなく、足の裏の感覚でそのたけのこを探しているんです。

自然のから頂いている食材の1つたけのこ!

たけのこ掘りにチャレンジしてみたいです!

Animals Life Saves
tsuyoshi

スギノキ

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

立派な木に出会いました。

樹齢何年? どのくらい生きてきたんだろう!

そして、日本の変わっていく姿をどう思っているんだろう…って思いました。

少なくなってきている自然。

なくなってから気付くんでは遅いんです。

今の自然をどう守るか。今の自然をどう育てていくか。みんなで考えていきたいと思います。

Animals Life Saves
tsuyoshi

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

日本を代表する『桜』!

ニュースでも取り上げられてますね!

桜が咲く季節は春と訪れ!

卒業…別れの季節。

入学…出会いの季節。

入社…新たな出発。

桜からどんなイメージを持ちますか?

桜が…四季の変化が、僕たちの新しいきっかけを、新しい一歩を後押ししてくれてますね!

自然が人間に与えてくれる特別なパワーの1つですねー!

Animals Life Saves
tsuyoshi

投票箱

こんにちは!

Animals Life Savesのkentoです!

イギリスで画期的な灰皿を見つけました!

投票箱式の灰皿です!

灰皿の捨て口を投票箱形式にして、吸い殻で投票するというものです!

これにより、吸い殻のポイ捨てが劇的に減りました!

喫煙者は面白がって投票するという画期的な発想です!

投票箱の話題はスポーツ関連が多く、様々な話題で、喫煙者の興味を引きます!

内容は一週間ごとに更新されて、投票したさに、わざわざ遠くから捨てに来る人もいるみたいです!

確かに元喫煙者の自分からしても面白いと思いますし、わざわざ遠くから捨てに来るのも納得です!

こうした試みが日本でも行われればいいと思います!

Animals Life Saves

kento

ニュース

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

僕達が支援させて貰っている、沖縄クックハウスの事がニュースに取り上げられました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000005-ryu-oki

少しずつですが、闘鶏禁止に向けて社会が動き出しています。

この様に少しでも多くの人に沖縄の闘鶏の残酷で悲惨な現状を知って貰いたいです。

そうして闘鶏を、動物同士を無闇に戦わせる事がいけない事だという社会にしていきたいです。

何故こんな残酷な事が出来るのか理解に苦しみます。

動物と一緒に暮らす事で、動物から与えられるものは多いはずです。

それなのに人間は何も与えず、一方的に生命を奪っていいのでしょうか?

人間が持っている知恵は、動物をはじめとする多くの生命と共存する為に使うべきです。

知恵の使い方が間違っています。

我々はそんな事をする為に生きているわけではありません。

全ての人がこの事に気がつくまで僕達は活動して行きます。

まずは闘鶏をなくす為に

みなさんの力を貸して下さい。

https://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kohokoryu/kense/chiji/tayori.html

こちらから沖縄県へ意見が送れます。

闘鶏禁止の条例の制定を求める声を上げて貰えないでしょうか?

一言でも構いません。みなさんの声を沖縄へと届けてください。

Animals Life Saves

ryushin

4R

こんにちは。

Animals Life Savesの小川です。

今日はちょっと気になる、身近なゴミについてです。

日本では毎日どのくらいの量のゴミが出ているかご存じでしょうか?

日本の総排出量は4398万トン(2015年)です。

これを一人あたりに換算すると…

1キログラム近くになります。

こうして数字に表すと驚きませんか?

え?

私、こんなに毎日ゴミ出してる?

そう思ってしまいました。

こんなにゴミが出てしまう原因

それは私達が

より便利に・より快適に。

こういったことを追求してきた結果だと思います。

現代の社会を考えたら、便利さや快適さはどうしても外せないのかもしれません。

しかし、一人一人の意識で変わるものは確実にある!

と、私は思っています。

その1つが「4R」という取り組みです。

リユース(Reuse:再利用)
リデュース(Reduce:減らす)
リサイクル(Recycle:形を変えて使う)
リフューズ(Refuse:断る)

こういう風に書くと

何か難しそうな印象を受けますが

何気なく捨ててしまうものに、ちょっとだけ意識を向ければいいだけなんです。

まずは自分の身の回りから始めてみるといいのかもしれません。

私もついつい無意識に捨ててしまうことはあります。

でも、それをゴミとして捨ててしまう前に

商品を買う前に

ほんのちょっとだけ意識を傾けてみようと思います。

一人一人の意識が変わればゴミは減る。

環境も変わります(^^)

ゴミを増やさない工夫をしていきたいと思います。

アラリペマイコドリ

こんにちは。
Animals Life SavesのKazunoriです。
今回はアラリペマイコドリを紹介します。

オスは頭に赤い帽子を被ったような出で立ちが何と言っても特徴です。

オスは赤い頭に白い羽、黒い尻尾であるのに対してメスは淡いグリーンで一見同じ鳥には見えないのが正直なところです。

森林伐採という人間のエゴにより生息地が破壊され、2000年には一時50羽ほどまで減ってしまったのですが保護活動により現在では800羽程度まで回復してきているそうです。
美しい命を守る為に過度な開発をしないことはもちろんのこと、小さなことから一人一人が今ある自然を大切にすることや同じ命なのだから大切にする事はすぐにでも出来ることだと思います。
未来の子供達の為に美しい自然と生物を未来永劫残していくことは我々の責務だと強く感じます。
Animals Life Saves
staff Kazunori

カモノハシ

こんにちは!

Animals Life Savesのrovinです。

皆さん、カモノハシって知っていますか?

カモノハシはオーストリアのみに生息している哺乳類なんです。

ですが、生態がとっても不思議なんです。

外見は鳥のような嘴がありますが、ゴムのような弾力性があります。

手足には水かきがついていて水辺に生息しています。

そしてなんと言っても哺乳類なのに子供は卵をから孵り、母乳で育てるんです。

めちゃくちゃ不思議ですよね。

また、外敵から身を守るために、毒も持っています。

見た目は凄く可愛いのに恐ろしいです。

世界にはまだまだ生態の知られてない動物が沢山いて楽しいです。

そういった動物を沢山見たいなと思いました。

Animals Life Saves

rovin

行政の取り組み


Animals Life Savesの上野です。

名古屋市での行政の取り組みをご紹介します。

名古屋市では2019年度での条例改正を目指し、犬や猫を多数飼育する方の届け出義務づける制度の方針を打ち出しています。

増えすぎて飼う事が出来なくなってしまう、多頭飼育崩壊を防ぐのが狙いです。

届け出を怠ったり、劣悪な飼育環境を続けた場合には罰則も盛り込まれる方針だそうです。

この様な行政の取り組みが増えていく事で、簡単に捨てたり放棄する人達への抑止力になって欲しいです。

Animals Life Saves

上野

恐竜の化石

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回はノドサウルス類の化石です。

ノドサウルス類とは植物を食べる鎧竜の一種です。墓場が海底だったおかげで外側の装甲、皮膚の斑点などがそのまま化石化し、残ったようです。

なかなか状態の良い化石を見ることができないのでリアルな当時の姿に近いものを見ることが出来るのはとてもワクワクしますね。


恐竜はとても憧れがあるのでつい興奮して書いてしまいましたが、一度でいいからこの目で実物を見てみたいです。

Animals Life Saves

staff Kazunori