水問題

こんにちは!

Animals Life Savesの小川です。

水。

日本は水を安全に飲める国です。

しかし、世界中では人口の40%を超える人たちが水不足に苦しんでいます。

加えて、糞便に汚染されている水を飲料水として使用するしか無いなど、衛生的にも生命の危機に関わる課題を抱えています。

水が原因で紛争等の原因になっている地域もあります。

安全な水を利用できる人は

「1km以内に一人1日20リットルの水を確保できる場所があること」(WHOの定義)

この条件を満たすことのできない人は世界中に約9億人以上いると言われています。

日本では蛇口をひねれば衛生的な飲料水が出てきます。
飲める水で体を洗い、洗濯をし、トイレでも使用しています。

それだけ水の環境が整い、恵まれた国です。

世界では多くの人が水の不足に苦しんでいます。

不衛生な水が原因で、それによる疾患で死亡する子どもの数は年間180万人にも及びます。

私達は当たり前のように使っている水について、考えてみてもいいかもしれません。

生き物にとって恵みの水を、誰も彼もが安心して安全に使えるようになるといいですね。

そういった取り組みをしていきたいと思います。