ヤケド

こんにちは!

Animals Life Savesのhikaruです(^^)

料理をしたり電化製品を使う時にヤケドを経験したことがある方が多いと思います。

動物たちもヤケドをすることがあります。

今日はネコのヤケドについて書こうと思います。

ネコのヤケドは人間と同じように、どの季節でも起こり得ます。

ガスコンロやストーブのフレーム、電気コタツやカイロなどが原因となることが多いようです。

ヤケドは原因は主に高温や火、化学薬品や電気などがあります。

高温や火だけでなく、化学薬品や低音やけども注意しなければなりません。

カイロや電気毛布、カーペットなど人間が問題なく使用しているものでもネコにとっては低音ヤケドになる恐れがあります。

ネコは体毛に覆われているので、ヤケドした瞬間を見ていなければ気づきにくいです。

患部を気にするように舐めたり、痛がったりしているような時はヤケドの可能性があります。

また、毛が焦げくさい時もヤケドの可能性があるので、病院で診てもらいましょう。

ヤケドは程度の具合によっては重症になる怖いものです。

症状に気づいた時は濡れタオルや氷嚢で冷やしてあげたり、化学薬品が着いてしまった場合は洗い流して応急手当をすることが大切です。

ヤケドは一年中起きる可能性があるので、大切なネコを守るために季節を問わず対策をしておくようにしてあげてください。