甘い香りに潜む罠

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

甘い香りの柔軟剤や洗濯洗剤。

近年、目まぐるしい進化を見せる洗濯洗剤や柔軟剤。


「フローラル」「森林」「おひさま」など、香りを謳い文句に、星の数ほど溢れています。

その香りを閉じ込めるために「マイクロカプセル」が使用されていますが、

実際、化学物質過敏症の一つである「香害」を引き起こし、社会問題となっているケースもあり、

密かな問題になっているのです。

微小プラスチック容器であるマイクロカプセル。


このマイクロカプセル、大きさは花粉の30分の1、巷を騒がせている微小粒子「PM2.5」よりも小さい物質になります。

これだけでも、簡単に体内に入り込んでしまうことがお分かりだと思いますが、


マスクでも侵入を完全に防ぎ切れないと言われています。

また、恐ろしいのはその量で、


例えば柔軟剤キャップ1杯の中には、


1億個ものマイクロカプセルが含まれているのです!

それが洗濯により衣類に付着し、洗い流され、最終的には海に至ります。

海洋生物たちにも悪影響を及ぼし、

最終的に人間に戻る。

そんな図式が出来上がります。

廃プラスチックに向けた取り組みが世界各地で始まっているなかで、避けられない問題が潜んでいます。


脅威は何気ない暮らしの中にひっそりと身を潜めています。

無知であることが、とてつもない不安と恐怖を生みます。

私もまだまだ廃プラスチックに関して無知ですので、勉強を進めながら問題解決のための行動を起こしていこうと思います。


Animals Life Saves
michi