プラスチックアレルギー

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

人間と同じように犬もアレルギー症状を起こすことがありますが、その中でもプラスチックアレルギーを起こす場合があります。

プラスチックは日常生活であらゆる製品に利用されているため、プラスチックアレルギーが原因がどうか診断がとても難しいです。

また、一言でプラスチックと言っても種類は多く、ポリエチレンやポリ塩化ビニル、ポリプロピレンなど沢山あります。

プラスチックアレルギーは数あるプラスチックに対して複数反応する場合もあれば、一つだけ反応することもあります。

そのため原因の特定も難しいです。

プラスチックアレルギーの主な症状は皮膚反応で水泡や発疹、炎症、蕁麻疹、部分的なハゲ、鼻の乾燥やひび割れなどです。

いつもと違う行動をしたり、身体に異変が起こった場合は病院で診察してもらうことが大切です。

大切な犬に異変が起こってしまった時に異変のメッセージに気づかなかったり、様子を見すぎて辛い思いをさせないようにしてあげてください。