グリズリー

こんにちは

Animals Life Saves の上野です。

こちらの写真を見せて下さい。

痩せ細った、カナダの野生のグリズリーです。

本来なら、冬眠に向けて多くの食料を食べ体内に脂肪を蓄えて、体を大きくする時期です。

にも関わらず、痩せ細っています。

主食になるサケが極端に少ない事が原因の1つと考えられています。

環境の変化は、目に見えてわかるところまで影響を及ぼしています。

Animals Life Saves

上野

溶けた氷で地球を冷やせ

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

溶けた氷河が川となりCO2を吸収する可能性があるという研究結果が出ました!

地球温暖化の重圧に耐えかねて溶け出した氷河の氷が、

なんと、CO2を封じ込めるうえで役立つ可能性があるというのです!

その量なんと、アマゾン熱帯雨林の二倍!

2019年、アラスカなど北極圏では前代未聞の暑さに見舞われました。

暑くなれば氷は溶けます。

温暖化を促進させる不測の事態でしたが、皮肉にも温室効果ガスの発生源を断つのです。

CO2の発生源は呼吸など生命活動も含まれます。

つまり、生命体がいるところにCO2は多量に存在することになります。

これは、水中でも同じです。

本来、水はCO2を排出もすれば、吸収もします。

その中でもこの氷河川。

その水温から生物の生存が難しいため、大半の生物がいないのでCO2を殆ど保有していません。

しかも多くの堆積物とミネラル分を含みます。

実はこれらの物質が、空気中のCO2と結合し、化学反応を起こすことで、

川そのものが、流れながらCO2を吸収するというのです。

仕組みは複雑ですが、生命体がいないお陰で、

無駄なCO2の排出が抑えられるため、実現可能となっているといいます!

温暖化の問題は長らく検討されてきましたが、

今回の一件で、対策が立てられるのではないでしょうか(^3^)

今後の動きに注目していきます!

Animals Life Saves
michi