リョコウバト

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

リョコウバトという鳥をご存知でしょうか?

クチバシから尾まで40cmほどで頭部と上面は青灰色で下面はバラ色をしたキレイなハトです。

名前のとおり渡り鳥で、ニューヨークや五大湖周辺からメキシコ湾にかけて移動する習性です。

巨大な群れを作り止まり木がリョコウバトの群れの重みに耐え切れず折れてしまうこともあったそうです。

北米で50億羽ほどいたリョコウバトは鳥類史上最も多く数がいたと言われていましたが、20世期初頭に絶滅してしまいました。

リョコウバトの肉はとても美味しかったらしく食肉と羽毛を目当てにした乱獲によって絶滅に追い込まれてしまいました。

19世紀末に激減してしまったリョコウバトを保護しようとした動きがありましたが既に手遅れだったそうです。

現在地球は6度目の大量絶滅を迎えると言われています。

数が多いから獲っても大丈夫ではありません。

人間の都合によって他の生物を絶滅させてしまうことは二度とあってはいけないことです。