ニホンザル

こんにちは! Animals Life Savesのtsuyoshiです。

世界で最も高緯度に生息しているサルが『ニホンザル』だと言われています。


『ニホンザル』は日本の本州、四国、九州。更には屋久島、種子島。加えて、最も北は下北半島まだ生息しています。


 大きさは、オスが60㎝位、メスが55㎝くらいの体型で、顔や尻は裸出しで赤いのが特徴です。


 主に果実を食べるが、植物の葉や昆虫なども食べます。以前に。北アルプスでライチョウの幼鳥を捕食している姿が目撃させていることかろ肉食であるとも言われています。


 人間の祖先と言われている『ニホンザル』!

もしかしたら、日本を守り続けている特別な動物かもし!ないですね!


Animals Life Saves tsuyoshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP