ホッキョクギツネ

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

ホッキョクギツネ。

名前のとおり北極圏に住んでいるキツネです。

体長は50~70㎝、尾長は25~42㎝とかなり長めです。

全身は真っ白く分厚い体毛で覆われており、

そのうちの70%は下毛で密集して生えています。

また体脂肪を貯蓄しやすく、

体型は丸みを帯びています。

放熱面積が少ないため体温の保温に適しており、

柔らかくふさふさとした尻尾は防寒具としても活躍します。

そういった特徴からも寒さにめっぽう強く、-70℃くらいでも

少し寒いと感じる程度で耐寒性抜群なんです。

ですが自然界における彼らの寿命は3~5年とかなり短いのです。

厳しい環境下での生活がいかに過酷であるかを物語っています。

加えて迫る温暖化の煽り。

主食とするネズミ科のレミングが温暖化により住みかを奪われ減少。

自ずとホッキョクギツネにも影響が及んでいます。

じわじわと真綿で首を絞めるかのように追い詰められています。

やはり温暖化は早急に止めなければなりません。

Animals Life Saves
mischi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメント対策中 - H Speed WP