モーリシャス

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

今話題になっている

モーリシャス座礁ですが、やはり重油の被害がどんどん出てきているのだと思います。

この写真はモーリシャス沖で見つかったイルカの死骸。

少なくとも17頭のイルカが死んでいるのが見つかった。

漁業担当相は、イルカの死は「一見したところ」重油流出とは無関係と思われる。と言っているそうですが、今までにこの数の死骸が見つかることはなかったとも言っています。

サメに襲われたような跡があったようですが、

重油のせいで、逃げ足が遅れていたとしたら?

視界が悪くなっていたとしたら?

これでも無関係だと言われるんだろうか?

どこまでも人間は責任転嫁するのが好きだね

これからもっと海への影響はでてくるのだと思います。

重油だけでなく、普段から私たちは動物にとって有害なものを排出しています。

せめてゴミはゴミ箱に捨てる。

そしてゴミ拾いをする。

小さなことの積み重ねで、変わります。

これより大きな被害を出さないためにも、

できることを私はこれからも続けていきます。

光合成からエネルギー

こんにちは。

Animals Life Savesのkentoです。

イギリスのケンブリッジ大学で光触媒シートが開発されました。

このシートは光合成により、酸素とギ酸と呼ばれる物質を作り出します。

ギ酸は燃料として直接使用しても、水素に転用しても使える優れものです。

現状ではまだまだ実用に耐えうる効率ではないのですが、水につけて、太陽光を当てるだけでエネルギーを得られるすごいシートです。

今後このシートが様々な場面で使われるかも知れませんね。

Animals Life Saves

kento

海面温度

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

日本の海面温度が過去最高を記録しているそうです。

熱帯地方の海面に匹敵する水温になっているそうです。

やはり地球温暖化が進んでいると感じます。

地球温暖化には未だに賛否両論ありますが、

実際に海面温度が上がっているということは地球全体の温度が上がっているんと言う事だと思います。

そしてこの状態ではより強い台風が発生する可能性が高くなり、台風による被害が増大することになります。

そうならない為にも地球温暖化を食い止める努力を一人一人がしなくはいけません。

小さな事でも全員がやれば大きな力になります。

些細な事でも1人1人がやることに意味があります。皆さん少しずつ地球の為に努力していきましょう。

Animals Life Saves

ryushin

犬の散歩 法制化

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

ドイツでは、こんな政策ができるのかもしれない!

1日2回は犬の散歩を、来年にも法制化の可能性


自分の飼い犬を1日2回、少なくとも計1時間の散歩に連れて行くことが、近々ドイツで法律で義務化されるかもしれない。

この記事を呼んで、やはり日本は後進国だと感じます。

殺処分は当たり前、ペットショップは当たり前の日本ではまだ、ペットをペットとして扱っている人が多いです。

海外だともう家族という認識ですよね。

日本でも、動物好きな人は家族の認識でいる人がふえましたが、それでもまだまだ認識してない人がいますよね。

こんな風に、動物に対しての法律も海外は厳しいです。

厳しいというか、それが普通なんだと思うのです…

日本はようやく、動物愛護法が少し前に改訂されたけど、それでも全然動物に対しての法律ではなくて、結局は人間に対しての法律で。

訴える人が今までいなかったのも問題なんですよね。

これからどんどん変わっていくように、

活動を通して私はたくさんの人に伝えていきます。

マイ容器

こんにちは。

Animals Life Savesの小川です。

7月にレジ袋の有料化が始まり、プラスチックごみ削減の意識が高まっています。

そんな中、もっとゴミを減らすために、店への皿や容器の持ち込みはできるのでしょうか?

店側としては
「衛生面で何かあっても責任が持てず難しい」
との意見が大半です。

食中毒などの懸念があり、当たり前といえば当たり前です。

しかし、中には、容器やお皿の持ち込みが可能な店もあります。

店と客の合意があれば、容器持ち込みはなんら問題ありません。

国際社会では”脱プラ”が加速しています。

フランス政府は2040年までに使い捨てプラスチックを全廃する方針を固め、自然由来の素材でできた容器の活用を進めます。

世界各国、色々な工夫をし、プラスチックゴミの削減に取り組んでいます。

日本でもそうした取り組みがあってもおかしくありません。

私達にできること。

プラスチックゴミを減らすために、自分が実際に体験して、知恵を絞ってそうたものに近づけるといいですね。

人間だと約束114歳

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

私は、犬の中でもとくにゴールデンレトリバーが大好きです。

昔飼っていたことがあり、ゴールデンの魅力にハマりました。

頭はいいんだけど、どこか天然で本当に可愛かった。

そんなゴールデン好きの私にびっくりなニュースが!


人間でいうと約114歳!世界最高齢のレトリーバーと家族の物語

見るからに高齢ですね〜

でもかわいい

この子は2020年4月24日に20才(人間の年齢に換算すると114歳 )の誕生日を迎え、世界最高齢のゴールデンレトリバーとして認定されたのは、テネシー州オークランドに住むオーガストです。

ゴールデンの寿命は大体10年〜12年とされています。

私の飼ってたゴールデンは13歳で亡くなりました。

そんな中めでたく20歳を迎えるなんて幸せに暮らしてきた証拠でもありますね。

実はオーガストは元々は動物保護施設で保護されていた犬です。

その時すでに14歳と高齢でした。伸び伸びと育ってくれて本当に良かった(^^)

今では昔に比べて全体的にペットたちの寿命は伸びておます。

医療が発達して、もっも長生きしてもらえるように!

ヒト

こんにちは! Animals Life Savesのtsuyoshiです。

 世界で最も広範囲に生息している霊長類が『ヒト』です。

『ヒト』を学名でホモ・サピエンスとされ、この名は標準和名であり、「知恵のある人」を意味します。

 他の動物との大ききな違いは大脳が発達し、二足歩行ができます。また、コミュニケーション能力が発達していて、音声言語、手話、文字などのコミュニケーションが図れるのも大きな特徴です。


 改めて『ヒト』を考えてみると特別な能力を持った動物です。この恵まれた能力をどのように活かすか。そして、どんな新しい世界を築けるか。改めて、考えてみたいと思います。

 『ヒト』としてこの世界に誕生できたことに感謝です。

Animals Life Saves tsuyoshi

特定外来種

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

ザリガニが特定外来種に指定されます。

これによりザリガニの飼育、販売、運搬が出来なくなります。

今飼っている人は行政に届け出れば引き続き飼えますが、申請しなければ違法となります。

今回の規制を受けて、川などに放つのだけはやめて下さい。

規制されているザリガニは日本にはいない子達です。

それを放つという事は生態系を壊す事になります。

それだけはやってはいけません。

最後まで責任を持って飼って下さい。

Animals Life Saves

ryushin

リハビリ

こんにちは。

Animals Life SavesのKentoです。

ハスキーのケインは高齢による足の麻痺や筋肉の衰えで歩けなくなってしまいました。

手術すれば治るのですが、高齢のため、手術に耐えられないかもしれないということで、飼い主は手術を断念しました。

最初は鎮痛剤で痛みを緩和していたのですが、痛みはどんどん激化し、ついには鎮痛剤では対処できないほどの痛みになりました。

しかし、飼い主は最後まで諦めませんでした!

飼い主が辿り着いたのは、プール療法!

ケインと寄り添って泳ぐことで、麻痺が治り、筋肉が発達して再び歩ける様になりました!

人間でも行われているプールによるリハビリ!

最初は痛みの緩和になればいいと思って始めたこのリハビリがいつのまにか快方に向かい、奇跡的に歩ける様になりました!

これは医学的にも高齢の犬にプール療法が有効であるということを実証した一例にもなりました!

日々進歩している医学。

動物達の為にもより一層進歩して欲しいですね!

Animals Life Saves

Kento

大西洋のマイクロプラスチック

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

大西洋の大規模海洋調査で、大西洋に浮かぶマイクロプラスチックは、2100万トンにも及ぶ事がわかったそうです。

過去65年間に渡り海に捨て続けて来たツケです。

これだけの量を取り除くには一体どれだけの時間とお金がかかるのでしょうか?

捨てるのはとても簡単です。

しかし一度海に出てしまえば拾うのは困難を極めます。

これ以上海を汚すことがない様一人一人が努力していかなくてはなりません。

Animals Life Saves

ryushin