ブラッシング

こんにちは!

Animals Life Savesのhikaruです。

人間と同じように愛犬にもブラッシングが必要です。

毛並みを整えるだけでなくスキンシップやコミュニケーションをとることができるので、毎日やるのが望ましいです。

毎日ブラッシングをしていると皮膚の血行を良くすることができたり、抜け毛が落ちる量を減らすことができます。

また、皮膚を清潔な状態に保つことができるため細菌の過剰な増殖を抑えたり皮膚の異常や病気を早く見つけることができます。

ブラッシングひとつで愛犬の健康を守ることができるなんて嬉しいですよね!

毎日のブラッシングを大切にしてあげてください(^^)

うるう年

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

4年に一度訪れる2月29日のうるう年。

うるう年がある理由は、4年前にいた所に戻るためと言われています。

実は、地球が太陽のまわり一周するのにかかる日数は1年につき6時間程不足しています。

そのため、4年経つと6時間×4年で24時間。

この24時間が地球を4年前と同じ所に戻す役割があるのです。

現代と違い、コンピュータのない世界で、昔の人が発見したことでできた『うるう年』!

まさに大発見ですね!

Animals Life Saves tsuyoshi

サーカス

こんにちは

Animals Life Savesの上野です。

トラやウマなど多くの動物達が人々を楽しませるために活躍している場がサーカスです。

以前から、芸を教えて披露させる事は動物虐待になるのではないか?という声が多くあります。

人々を楽しませているのだからいいじゃないかという人間主体の考えを言う方もいます。

様々な意見がある中で、1つの答えを世界に示した国があります。

その国はイギリスです。

2020年1月までにサーカスにより野生動物の出演を禁止する法案を導入しますと

マイケル・ゴーヴ環境相が発表しました。

また、発表の中で

動物保護の世界的リーダーの地位をより確固たるものにしたと付け加えています。

地位の確立だけでなく、世界的なリーダーとして引っ張っていってほしいです。

Animals Life Saves

上野





精霊のクマ

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回は精霊のクマを紹介します。

精霊のクマとは、カナダのブリティッシュ・コロンビア州に生息する、スピリット・ベアのことです。

大柄ですがとても綺麗なクマです。

遺伝的に白い毛を持つ、アメリカシロクマです。

干ばつによる川の水位低下により、普段餌としているサケも普段の様に回遊出来なくなっている様です。

異常気象の頻発で美しい生物達の住処が奪われているのはとても心苦しいので地球環境を守る為に、これ以上壊さない為に一人一人にやるべきことを考え、実践していかねばならないと思います。

人と動物達とのより良き共生のために。

Animals Life Saves

Kazunori

ノルウェージャンフォレストキャット

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

ノルウェージャンフォレストキャット。

名前の通りノルウェー出身の猫です(=^ェ^=)

比較的大きめの猫で、大人になるとオスで7kg程になります。
中にはもっとほっそりした子もいます。
筋肉質で後ろ足の方が長く、腰高です!
毛皮も長く、とても柔らかいダブルコート!

厳しき環境下で生き抜くために代々体つきを進化させてきました(ФωФ)

さて、このノルウェージャンフォレストキャットですが、北欧神話では女神フレイヤの乗るソリを引くという伝説があるんです。

まるでトナカイみたいですね♪

神話に登場してしまうくらいですし、もう敷かしたら神様の使いなのかもしれませんね(^3^)/

生まれは4000年前とか、11世紀頃にバイキングがトルコから連れて来たなど、誕生説が様々ですが歴史はとても長いのです♪

第二次大戦前から種の保存活動が盛んに行われてきました。
大切にされ続けてきたんですよ!

長らく愛され続ける理由としては、性格が穏やかで他の猫や人とのコミュニケーションを積極的に取ってきます!
そして賢く躾もしやすいのです♪

可愛さ爆発のノルウェージャンフォレストキャット!

可愛がられてみてはいかがですか(=^ェ^=)?

Animals Life Saves
michi

ホワイト企業

こんにちは!

Animals Life Savesのtsuyoshiです。

世界には多くの働く会社があり、その中でもホワイト企業と呼ばれている優良会社が存在します。

どのような会社なのかと調べると『ワーク・ライフ・バランスの充実のほかダイバーシティの推進などの面で優れた会社」とありましました。

仕事の時間と自分の時間をバランス良く保つことが生きていく上で大切です。

そして、自分の時間をいかに充実させることができるかが生きる最大の楽しみのような気がします。

ホワイト企業の働き方がもっと世界に浸透していくといいですねー!

Animals Life Saves tsuyoshi

シンガプーラ

Animals Life Saves
michi

こんにちは!

Animals Life Savesのmichiです。

シンガプーラ。

シンガポール出身の猫です。

実は純血種としては最小サイズとなっていて、体重も2~3kgほどにしかならないんです(^-^)/

コンパクトな可愛さ。それがシンガプーラです♪

身軽できれいな短毛の毛並みも、落ち着いたカラーリングで綺麗にまとまっています(^○^)
この色はアグーチセピアと呼ばれる淡い茶色です。
シンガプーラは基本的にこの色の個体しか存在しません。
とても珍しいですよね(^-^)

体つきは、しなやかでありながらしっかりとした筋肉質です。
尻尾も細く長いタイプになります♪

そしてとても甘えん坊なんです(^3^)/
人が大好きで、色々なものに興味を示す好奇心旺盛な面がとても強いんですよ♪

運動神経も抜群によくて、高いところへ平気でピョンピョンっと飛び上がりますし、人の肩も好きな子も多いんです♪

本能に従順で人のことが好きでたまらないシンガプーラ(ФωФ)

ともに素敵な時間を過ごしてみてくださいね(^-^)v

Animals Life Saves
michi

潮目の邪魔物

こんにちは。

Animals Life SavesのKazunoriです。

今回は潮目の邪魔物について紹介したいと思います。

潮目とは、海でいう生命の育まれる場所。

餌となる有機物がとても沢山あります。

ここに沢山のマイクロプラスチックが溜まってしまっているというのです。

次の写真は、その様子です。

仔魚の住処に大量のプラスチックごみが混ざっています。

卵から運良く仔魚になれる確率が0.1%程で、これらの生命が誤ってプラスチックを食べても栄養にはならず発育不全や食欲低下が見られるそうです。

最悪の場合、次の餌が見つからず命を落とすことさえあるんです。

仔魚の胃からは1mmに満たない大きさのマイクロプラスチックが見つかっているそうです。

もういい加減、人の愚かな所業が小さな生命を奪いまくってしまっている現実に目を向けて何とかしていきませんか?

Animals Life Saves

Kazunori

地球の緑化

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

20年前より地球の緑化が進んでおり、徐々に地球に緑が戻って来ているそうです。

中国とインドでの緑地の増加がより顕著なんだそうです。

特に中国は森林保護と植樹の成果が大きいんだそうです。

今でもPM2.5など大気汚染が話題になる中国とインドですが、

緑化においては他国を牽引しています。

中国とインドの中で環境に対する意識が変わって来ているんだと思います。

こうやってどんどん世界中が意識を高く持って地球の環境を守っていきたいです。

一人一人が出来る事は小さいかもしれませんが、小さな事からコツコツやっていきましょう。

Animals Life Saves

ryushin

犬の名前

こんにちは。

Animals Life Savesのhikaruです。

お年寄りを狙う卑劣な犯罪、オレオレ詐欺。

被害は後を絶たず、多くの方が被害に遭っています。

そんななか、犬の名前でオレオレ詐欺を防ぐことになったケースが起こりました。

犬の名前、答えられず電話の相手は息子ではない 茨城のグループ、詐欺未遂の疑いで男ら4回目逮捕/県警

(Yahoo!ニュースより)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00010002-saitama-l11

2019年2月25日に東京都渋谷区に起こった事件だそうです。

電話を受けた女性は不審に思い、とっさに息子を騙る人物に対して飼っている犬の名前を聞きました。

名前を答えられなかったため息子ではないと判明して通報、そして逮捕につながりました。

ペットが家族を守るきっかけになった事件だと思います。