定期ビーチクリーン

こんにちは!

Animals Life Savesのryushinです。

定期ビーチクリーンをしてきました。

今回は感覚が少し短かったせいか、ゴミがいつもより少なかったです。

自分達の地道な活動が身を結び始めたのかと嬉しくなります。

それでもゴミが海岸から無くなったわけでは無いです。

まだあります。

これがゼロになるまで、そしていつもやってる場所以外でも日本中、世界中の海岸からゴミがなくなるまで活動していきます。

Animals Life Saves

ryushin

世界一悲しい表情の猫

こんにちは!

Animals Life Savesのhiroeです。

動物にも感情があり

嬉しいことも悲しいことも怒ることもあります。

動物こそ、ストレートに表現してくれますよね。

そしてこの表情の猫ちゃんからは

とても悲しい気持ちが手にとるように分かります。

この猫ちゃんはアメリカ・ミネソタ州で保護された猫ちゃんです。

保護されたときは目に傷があり、歯が欠けて、病気にもかかっていました。

動物保護団体に救助され

その写真がSNSに投稿されると、「世界一悲しい表情の猫」と言われ、ネット上で話題になりました。

この、写真を見た1人の女性が里親に立候補しました。

けれどもこの女性が住んでいる家はペット不可だったため、すぐには迎えにいくことができませんてした。

サンドラさんは根気強く大家さんを説得し、なんとか猫ちゃんを飼う許可をもらうことができました。

そしてその後の一年後の姿が…

最初の悲しい猫の姿はすっかりなくなりましたね!

この写真でも分かるように

動物には感情があり、表情もあることが分かります。

この猫ちゃん

とっても幸せそうな顔ですよね!

だから、簡単にペットを捨てる人がいますが、

動物たちは一生そのことを忘れません。

この猫ちゃんのように。

そしてこの飼い主さんの根気強さも中々です。

怪我や病気がある猫ちゃんは中々引き取り手が見つかりません。

その中でもこの猫ちゃんのために、大家さんを説得する行動力。

もっとこんな人達がたくさんの世の中になってほしい。

だからこそ、私たちの活動を通して

日々語りかけることを続けていきたいと思います。